Tunica Mediaとは何ですか?

人間と大部分の動物の動脈と静脈は、いくつかの異なる層、すなわち「チュニック」で構成されています。チュニカのメディアは中間層です。内膜は内膜の外膜または内膜に囲まれ、内膜は内膜で覆われています。この中間層は柔らかい弾力性のある組織を含み、動脈のうち最大のもので神経を収容する。これは通常、最も厚い層であり、最も柔軟性があり、効果的かつ一貫した血液輸送に不可欠な成分となっています。

血液は常に心臓を通ってポンプで送られ、身体のすべての部分に分配され、体系的な回路で心臓に戻されます。この回路は静脈および動脈によって可能とされ、各静脈および動脈は血液のための一連の管または管として働く。任意の与えられたチューブの断面は組織と筋肉のいくつかの層を明らかにします。その中でも最も中膜は中膜です。

動脈および静脈は大きさが異なる。いくつかのものは、指やつま先のような非常に小さく、これらの動脈は、通常細動脈と呼ばれます。他のもの、特に心臓に近いものは、かなり大きくなる可能性があります。それらは、主に筋肉であるか、または機能において主に弾性であり得る。サイズにかかわらず、それぞれの壁はほぼ同じように構成されています。

血圧、アドレナリン、ストレスの変化はすべて、血液を体の中を素早く遅くすることができます。血流の速度は、血液が通過する動脈および静脈の剛性および収縮によって部分的に調節される。中間層は、主にアクションを制限する役割を担います。

動脈と静脈のすべての層には弾性繊維が含まれていますが、弾性と可動性の大部分は中膜の中にあります。動脈では、中膜は主に、弾性繊維とコラーゲン繊維の両方を含む平滑筋と結合組織からなる。静脈には一般に筋繊維は含まれていませんが、静脈の中間層は同様に弾性のある繊維と柔軟な細胞で構成されています。静脈と動脈狭窄と運動の推力は中間層で制御される。

チュニカのメディアは、大動脈などの心臓周辺のより大きな動脈で最も顕著であり、最も強力である。これらの動脈は主として筋肉であり、小さい動脈および細動脈は一般に主に弾性を有する。より大きな動脈は、狭い血液輸送チャネルよりもより狭窄と弛緩力を必要とし、大量の血液を収容し、分配するのに十分な強度が必要である。心臓の室に直接出入りする血流の均一な制御は、健康と血圧の一貫性を維持するためにも不可欠です。

大きな動脈には、周りの組織や腱に電気信号を伝える神経が含まれている場合もあります。これらの神経は、中間層の平滑筋内に収容されている。神経制御は、動脈および静脈の身体の肺系全体にわたって一貫した血流を維持するために、中膜媒体が助けることができるもう一つの方法である。