赤い核とは何ですか?

赤い核は、吻側中脳として知られる脳の領域に位置する構造である。これは脳の最小領域です。赤い核は、一群の細胞からなる非常に目立つ構造である。この構造は、主に上腕と肩の運動協調を伴う運動に関与する。

赤い核は、実際には新鮮な脳標本の中に少しピンク色の色を持つ傾向のある細胞の塊である。この細胞塊は、中脳の中脳小葉領域に見出される。脳のこの部分は、黒質として知られているものから大脳水路まで広がっている。

黒質は、ドーパミンの産生に関連する中脳の一部である。ドーパミンは中枢神経系の機能にとって重要である。パーキンソン病は、脳のこの領域に異常または疾患がある場合にしばしば発症する。

大脳水路は、脳の第3脳室から第4脳室まで伸びる中脳に位置する短い管である。この管は脳脊髄液を含む。何らかの理由で詰まったら、水頭症と呼ばれる状態が発生することがあります。これは、基本的に脳脊髄液が多すぎるために脳が腫脹することです。

人間の赤核の正確な機能についてはほとんど知られていない。脳のこの領域は、他の動物と同じくらいヒトではあまり使用されていないと考えられています。赤い核の機能は引き続き研究されている。このことから、この脳構造の重要性に関する十分に発達した医学理論に加えて、信頼できる情報がいくつか存在しています。

赤い核は、這うことを学ぶときに赤ちゃんを助けることが知られています。また、人が歩くときに腕が揺れ動く動作を担うと考えられています。手の動きの中には、赤い核によって少なくとも部分的に制御されるものもある。

赤核にのみ影響を及ぼす脳病変は報告されていないが、脳の中脳小脳部分のどこかに病変が発生すると、脳のこの領域に影響を与えることがある。これが起こると、運動技能が損なわれる可能性があります。これは、主に、特に腕と手の不随意の震えを通して起こります。

脳の多くの領域の機能は、科学者および他の医療専門家によってまだ研究されている。脳のこれらの領域がより理解されるように、この分野には絶え間ない新しい発展があります。赤い核も例外ではなく、エキサイティングな新しい医学の発展がこの分野の研究から確実に生まれています。