膀胱の解剖学は何ですか?

膀胱の解剖学的構造は、十分な尿を保持することができるように設計されており、個人は毎日4〜6回自分自身を緩和する必要があります。これは、小腸および生殖器の近くの骨盤腔に位置しています。レモンの大きさと形状については、膀胱の表面は臓器が満たされたときに伸びることができます。

膀胱は尿管と呼ばれるチューブによって腎臓に接続されており、膀胱は尿管の開口部で膀胱につながっています。これらのチューブは、左右の上部を通って膀胱に入り、尿を膀胱に通し、膀胱は排泄されるまで保存される。排泄の過程で、尿は、尿道と呼ばれる底部の構造を通して膀胱から出て行く。これらの3つの開口部の中心点には、主に医療専門家が膀胱の解剖学的構造の他の部分の基準点として使用する、三角形のベシケ(trigonum vesicae)として知られる薄い三角形の領域がある。

組織および筋肉のいくつかの層が、膀胱の解剖学的構造の表面部分を構成する。最外層は漿膜または腹膜と呼ばれる。この薄い組織は、腎臓や腹部の内部など、腹部内の他の器官の表面を並べる組織に似ています。この組織の薄い層の下には、膀胱の膨張および収縮を不注意に制御する筋肉を含む層がある。排尿筋と呼ばれるこの層は、尿管から排尿する際に無意識に膨張し、体内から排泄されるときに収縮する。

膀胱の内側には、粘弾性を有する粘膜があり、膀胱が空になったときに襞を形成する。それは、粘膜下層と呼ばれる構造によって外側の筋肉層に付着する。この層は、膀胱の他の層と同じ弾性を共有する。

膀胱内の尿を保持する筋肉は、内部尿道括約筋として知られています。尿を通過させるために、排泄の過程で開くのはこの弁です。失禁は、この弁の機能不全によって引き起こされる場合もある。

膀胱の解剖学的構造は、身体から尿を排泄するまでの時間を個々の人が待つことを可能にするために、主として不随意的な原理で働く単純な構造である。膀胱の基本的な解剖学的構造は男性と女性で同じであり、尿道の長さは主な違いです。膀胱の大きさや形は、年齢に応じて変わることがあります。