冠状動脈窩とは何ですか?

冠状窩は上腕骨の前部下部、上腕の長骨に見られる凹面である。これは、前腕の尺骨と骨の骨が肘関節の上腕骨に接触する骨の前部に位置する。このうつ病は、肘の腕を曲げると、尺骨の冠状突起が上腕骨に湾曲する箇所である。筋肉が冠状窩に付着していない間に、上腕の上腕筋は窩のすぐ上の冠状突起に挿入され、収縮すると窩にプロセスを引き込むことによって腕の屈曲を可能にする。

上腕骨は、肩から肘まで伸びて、その基部にいくつかの不規則な形の輝きと落ち込みがあります。いくつかは筋肉への付着部位として役立つ。内側および外側の上上顆は、例えば、前腕の複数の筋肉の起点である骨の基部の両側の丸い突起である。他のもの – 軟骨で覆われた滑車および頭蓋骨 – は関節表面であり、尺骨と接触して肘関節を形成する骨の部分である。これらは、上顆間の上腕骨の下の中央の局面に沿って見出される。

上腕骨底の前部または前部の2つの上顆間にも、2つの窩、冠状窩および放射状窩がある。半径方向の窩は、肘が屈曲するときに半径の頭にフィットする窪みであり、冠状窩は尺骨の頂部を受ける。しかし、橈骨の丸い頭とは異なり、尺骨の上端は三日月状になっています。その凹面を前方に向けて、尺骨は上腕骨の底の後面の周りを湾曲する。肘が曲がると、オレクラノンプロセスまたは頭頂部の上端が上腕骨の後ろに引っ掛かり、三日月の冠状突起または底部が上腕骨の前面の冠状窩に押し込まれる。

上腕の上腕二頭筋は腕の屈曲を開始するが、下の上腕筋はこの運動の重要な促進因子である。上腕二頭筋は上腕骨に実際に付着しません。しかし、上腕骨は肘関節のすぐ上の上腕骨に取り付けられ、関節を横切り、その下端に尺骨の冠状突起を挿入する。それが収縮すると、橈骨の前側で上腕二頭筋が上向きに引っ張られ、肘屈曲動作を起こすように、冠状突起を上向きおよび後退させて冠状窩に戻す。