チアミンモノニトレートとは何ですか?

ビタミンB 1と呼ばれることが多いチアミン一硝酸塩は、アミノ酸の合成またはエネルギーとしての糖の使用など、様々な細胞プロセスに関与する必須のヒト栄養素である。化合物は地球上のすべての動物の生物学によって必要とされますが、それは細菌や植物の生命のような原始生物でのみ生成されるので、人間は食物や栄養補助食品でそれを取得しなければなりません。チアミン一硝酸塩を朝食用穀類などの食品のサプリメントとして添加する場合、B-ビタミン複合体という広い意味で呼ばれることがあります。これは通常、ビタミンB 2またはリボフラビン、ビタミンB 3またはナイアシン、およびピリドキシンとして知られるビタミンB 6などの他のビタミンBと一緒に加えられるためです。

チアミンピロリン酸に分解される体内の実質的にすべての細胞機能に不可欠であるが、これらの領域の1つはヒト神経系の適切な機能である。チアミン一硝酸塩の欠乏がある場合、末梢神経炎として知られる脳の近くの神経の炎症が起こり得る。ビタミンはまた、消化などの代謝過程に重要であり、サプリメントは、下痢、潰瘍性大腸炎、および食物のエネルギー代謝および栄養素の障害による影響を緩和するために処方されることが多い。

チアミン一硝酸塩の供給源は、植物における共通の存在のために食物連鎖全体に広がっており、魚、ナッツ、および他のタンパク質、および全粒粉が含まれる。ビタミンB1のサプリメントは、化合物の安定性のために42ヶ月までの長い貯蔵寿命を有し、これは多くの乾燥食品および飲料粉末中の添加剤として理想的である。補助栄養素として添加される最も一般的な場所の1つは、強化された豊かな小麦粉である。

ビタミンB 1はチアミンやチアミン塩酸塩などのラベル上に関連する他の名称が付いているので、得られたソースからラベルに記載されていない成分に含めることができます。その一例は、チアミンモノナイトレートを含有する藻類の形態であるカラギーナンおよびアイリッシュモスの化合物である。藻類は、フェイスクリームなどの多くの化粧品の共通成分であり、いくつかの必須ビタミンとミネラルを含んでいます。チアミン一硝酸塩は健康な皮膚および育毛を促進するので、これは化粧品および栄養補助剤の両方として商業的に二重使用する。

ビタミンは人体に役立つ幅広い効果があることを示す証拠があります。アルツハイマー病や心臓病などの病気の発症を遅らせるなど、視力や学習能力や記憶力などの精神状態を改善することから、免疫系を強化すること、チアミン一硝酸塩は、ダイエットに役立つ一種の有益な成分です。チアミン一硝酸塩は、人の健康において、子供の成長をサポートし、アルコール依存症による欠陥を打ち消し、乗り物酔いの影響を最小限に抑えることから、主要な役割と副次的な役割を果たします。