Sinus Venosusとは何ですか?

洞静脈洞は、後に心臓の一部となる胚構造である。この構造の形成およびその後の心臓組織への発達における誤りは、関与する構造のために洞静脈洞(sinus venosus)として知られるタイプの心房中隔欠損(ASD)を引き起こす可能性がある。このタイプの先天性異常を有する患者では、血液は右心房および左心房と呼ばれる心臓の上室の間を自由に通過する。これにより、脱酸素された静脈血が新たに酸素を含む動脈血と混合することができ、これが問題を引き起こす可能性がある。

胚発生過程では、単一の受精卵が成長し、何度も一連の幹細胞に分裂し、ますます高度な構造に発展する。これらは、体内の骨、器官、および他の組織に成長し始めることができるように、それらの位置を占めるように胚の体を移動する。このプロセスは非常に複雑であり、ヒトでは生物が完全に発達するまでに40週間を要します。

心臓の一部となる構造の1つとして、静脈洞は胸部に移動し、発達し始める。時間とともに、それはわずかにシフトし、細胞はより高度になるでしょう。それは、栄養素を供給するために一連の血管によってプロセス全体を通して供給され、細胞廃棄物を除去するための対応する容器と共に供給される。環境圧力、細胞分裂のランダムな癖、または遺伝性疾患のためにエラーが起こることがあり、時々洞静脈洞欠陥を引き起こす。

このような欠陥は、かつては静脈洞であった領域の近くに位置しています。彼らは正確なサイズに応じて、穴を閉じて患者の心機能を改善するために手術で治療する必要があるかもしれません。診断が困難な人もいれば、問題が特定される前に長時間の洞静脈奇形に罹り、通常は定期的な心臓評価が行われる可能性があります。診断は、欠陥の位置のために複雑になる可能性があり、それは心臓の医学的画像検査では見つけにくい。

外科的治療は、患者が20歳に達する前に行われるときに最も成功する傾向がある。これは、手術後に回復し、成長する心臓の時間を与える。彼らが特定されたばかりの場合、この時点以降に欠陥を修正することは可能ですが、患者は副作用のリスクが高くなり、平均余命が短くなる可能性があります。未治療の洞静脈洞の欠損は、全般的に寿命が短くなる可能性がある。