腎臓カプセルとは何ですか?

腎臓嚢は、2つの腎臓のそれぞれを囲む繊維状の結合組織の薄くて丈夫な層である。この組織の主要成分は、エラスチンおよびコラーゲンタンパク質である。このカバーの役割は、腎臓の質量を支え、腎臓の繊細な組織を保護することです。

腎臓は、身体からの廃棄物をろ過する役割を果たす一対の臓器です。腎臓の損傷が起こると、患者の健康や生命は脅かされる可能性があります。従って、腎被膜によって提供される保護は極めて重要である。この膜は丈夫な繊維でできていますが、かなり薄いカバーです。この組織は、象牙質脂肪組織として知られる脂肪組織の層で覆われている。

腎臓カプセルを覆う脂肪組織は、腎臓をクッションし、運動中に耐衝撃性を提供するのに役立つ。これは、腎臓が体内を移動するための限られたスペースを有するため、重要な意味を持つ。適切な衝撃吸収がなければ、日常活動の中で最も単純なものが、これらの重要な器官の損傷または挫傷を引き起こす可能性がある。

腎皮質には平滑筋線維と弾性線維が含まれています。平滑筋線維は、筋肉を自動的に収縮させ、思考プロセスを必要とせず、したがって腎臓が完全に機能することを可能にする。弾性繊維は、腎臓組織が必要に応じて伸長し、その後正常な状態に戻ることを可能にする。興味深いことに、これらのタイプの繊維の両方が、患者の年齢とともに増加することが見出されている。

肋間動脈は、腎被膜への血液供給を提供する役割を担う。これらは、第一腎動脈から分岐する小血管である。肋間動脈は、腎皮質として知られている腎臓の外側部分を通過し、腎皮質に到達すると終結する。

この重要なカバーが損傷した場合、外傷性の事象であっても、自然発生する疾患の一部であっても、腎機能の低下を発症する危険性があります。この場合、腎機能のパーセンテージをモニターするために腎臓専門医に定期的に訪問することが重要です。機能の量が著しく減少する場合、患者は、腎不全とも呼ばれる腎不全を経験し始める可能性がある。現在のところ、腎不全の治療には信頼できる治療法が2つしかなく、そのうちの1つは腎臓移植である。もう1つの選択肢は、透析、患者が体内の血液を取り除き、廃棄物を洗い流し、その後清潔な血液を身体に戻す機械に接続する医療処置です。