呼吸器系におけるガス交換の役割は何ですか?

呼吸器系におけるガス交換は、呼吸の重要な部分である。これは、有害なガスを良好なガスで切り替えるのに役立ちます。二酸化炭素は、蓄積すると体に有害ですが、ガス交換プロセス中にこのガスは除去され、酸素で置き換えられます。呼吸はガス交換の始まりです。酸素は呼吸によって吸い込まれ、二酸化炭素は呼吸によって追い出される。

呼吸器系は、身体が機能するために必要な酸素を提供する責任があります。他のすべてのシステムは、機能するように酸素を使用し、体を生命維持のために走らせ続けるようにしています。呼吸器官と組織は、呼吸と呼ばれる完全なプロセスで一緒に機能します。呼吸器系のガス交換の間に、二酸化炭素と酸素が切り替えられ、酸素が血液に流入し、二酸化炭素が追い出される。

肺は鼻と口から酸素を吸い込みます。酸素は、肺胞として知られている肺の気嚢に入る。肺胞は交換のための場所です。二酸化炭素は拡散を受けて交換する必要があります。これは、呼吸器系により良好に管理されるように二酸化炭素の濃度を低下させるプロセスである。

二酸化炭素の濃度は、毛細血管中の活性細胞の濃度よりも高い。このため、細胞は、容積を取り扱うことができるので、除去のために二酸化炭素を毛細管に放出する。毛細血管では、二酸化炭素と水が結合し、重炭酸塩を形成する。この混合物は、肺胞毛細管に移動し、水素イオンと混合して炭酸を生成する。その後、肺胞は、各呼吸で二酸化炭素を排出することができ、呼吸器系におけるガス交換プロセスを終了させる。

体内の二酸化炭素を除去することが重要です。それは体のエネルギー生産プロセスの副産物ですが、それは有害です。呼吸の低下を引き起こす呼吸器の問題は、血液中の二酸化炭素の蓄積を引き起こす可能性があります。一般的な呼吸器系の問題には、肺気腫および慢性気管支炎が含まれる。血液中の二酸化炭素の蓄積は、痙攣、嗜眠、そして最終的に死を引き起こす可能性があります。

呼吸器系のガス交換は、他のシステムの機能と同様に、体がどのように健康状態を維持するために働くかの重要な部分です。人体はどんなレベルでもうまくいくために酸素に大きく依存しています。二酸化炭素は貴重なスペースをとり、有害であるため、体はそれを取り除くために働きます。