Nervus Opticusとは何ですか?

神経眼球または視神経は、第2の脳神経であり、眼から脳への視覚刺激を運ぶ。それは技術的には神経ではなく、中枢神経系の一部です。中枢神経系は脊髄と脳で構成され、身体が正常に動作することを確認する責任があります。神経は、末梢神経系の一部であり、自動神経系、脊髄神経および脳神経からなる。 31対の脊髄神経のように、脊髄ではなく脳から直接出現する12対の脳神経がある。

視神経は、網膜から脳の視覚中心への感覚神経インパルスを運ぶ。網膜は、眼球の内部を覆う光感受性組織層である。神経は、鼻腔の近くの眼の後ろの楕円形の領域である視神経乳頭に付着している。この領域は、感光体を含まないため、死角とも呼ばれます。

神経細胞の集合である神経節繊維の全てが視神経乳頭に収束する。髄腔内のオプティカスは、視神経椎間板から視神経管を通って走り、さらに頭蓋に入り、視神経盲と呼ばれるX字型の構造を形成する。その後、神経線維は、脳の下に入り込み、各側頭の後頭部に付着する。脳の後頭葉には視覚野の大部分が含まれており、視覚的処理の中心である。それは頭の後部、頭の後部に位置しています。

視力の問題が発生した場合、医師は失明のパターンを調べて、損傷がどこで発生したかを理解することができます。これは、神経の異なる点での損傷が失われた視力の異なるパターンを作り出すためである。例えば、視神経盲に圧迫された腫瘍は、視力の色の喪失、盲点、および数日以内の視力喪失などの視力の問題を引き起こす可能性がある。

感染症は、視神経炎のように、髄腔内視鏡に影響を与える可能性があります。視神経炎は、髄膜炎の炎症であり、ウイルス性または細菌性の感染症;髄膜炎などの他の炎症性疾患による合併症;有害なものに対する反応;または身体的外傷によるものである。光神経に影響を及ぼし得る別の共通の問題は、緑内障である。緑内障は、眼圧が高いために視力が失われることです。この圧力は、しばしば眼瞼の鋭い眼を圧迫し、視力が困難になります。