第3の心室とは何ですか?

第3の心室は、人間の脳内の心室系の4つの流体充填空洞のうちの1つである。それは脊髄の中心管から延び、脳脊髄液(CSF)で満たされている。他の4つの心室は、2つの側脳室および第4の心室からなる。一緒に、彼らは脳の保護と安定性を提供します。これは、適切な神経発達およびヒトの成長のために心室系を不可欠にする。

第3の心室は、神経管の中心管からの残りの心室系と同じように発達する。より具体的には、この脳室は、前脳内に存在する神経管の部分から来る。これは繁殖巣(prosencephalon)とも呼ばれます。

第3の心室は、心室系の2つの側脳室間の狭い腔である。第3脳室は、本質的に、視神経交絡、塊茎錐体、幹体、漏斗、後部有孔物質、および中脳小体の最上部に位置する脳の中線腔である。それはどちらの側でも視床と視床下部に拘束されています。第3の脳室の屋根は、上皮の薄い膜内層であるependymaの層からなる。

第3の心室には、くぼみと呼ばれるいくつかの小さな中空領域またはくぼみもある。視索前陥凹は視神経の後ろにあり、視神経が脳に入る場所です。次に、臍帯の陥凹は、漏斗の中に延びる漏斗状の領域である。空洞にくっついている柱状体は、第3のくぼみを母柱のくぼみと呼ぶ。最後に、松果体陥凹は第3脳室の後角にあり、松果体腺に伸びている。

4つの心室の間の接続は、第3の心室と他の心室との間のCSFの流れを可能にする。この心室は、特に、心室間孔を介して前方側方脳室と通信する。また、第4脳室とは、Sylviusの水路としても知られている大脳水道を介して後方に通じている。

心室系の主な目的は、CSFを脳の周りに生成し、循環させることである。これは、脳と脊髄を頭蓋骨内の損傷から保護する。脳震盪、または脳の挫傷は、硬い衝撃の間に頭蓋骨との接触の結果生じる。 CSFはまた、重力に対抗して脳を支持し、浮遊する脳を提供する浮力を提供する。