味の皮質とは何ですか?

味覚皮質は、味覚を制御する脳の領域です。それは2つの部分で作られています:前頭蓋と前部insula。味覚システムの一部として、皮質は、味覚および強度のタイプを含む味覚情報を処理する経路および受容体のネットワークを有する。レセプターはすべての味を処理するわけではなく、各タイプの味を扱うレセプターがあります。

人体は感覚情報を処理するために異なる領域を有し、味覚皮質は味を扱う領域である。それは、味の強さに関する情報に加えて、味のタイプに関する情報を中継する脳構造である。収集された情報は、皮質によって処理され、脳の他の領域に送られる。

味覚システム内には、多くの受容体が存在する。これらのレセプターは情報の受信を担当し、どの味が検出されたかに基づいてグループに分類されます。例えば、甘い味は1つの受容体群によって検出される。次いで、レセプターは情報を処理のために味覚皮質に伝達する。味覚領域から、感覚情報は脳によって処理され、体の残りの部分を介して中継される。

味覚受容体は、特に舌および軟口蓋、咽頭および上部食道の口に位置する。これらの受容体は神経によって活性化される。舌の味の芽は味のプロセスの始まりであり、各味の芽は100個もの小さな受容体を持つことができます。味覚芽は味覚情報を脊髄舌骨と呼ばれる顔面神経および舌咽神経と呼ばれる脳神経に伝達し、これら2つの神経は味覚受容体によって集められた情報を脳に伝達する。

さまざまな種類の味を区別することは、人生の重要な側面です。ある種の味は体に有害なものと関連していますが、他の種類の味は身体に心地良いものや役立つものと関連しています。味覚皮質は、苦味のある毒と甘い味の炭水化物とを区別することができる。また、酸味のバランスのとれた酸味や塩味、タンパク質が豊富な食品に関連する風味を区別するのにも役立ちます。

味覚皮質は味覚の領域内で機能するが、他の感覚領域でも機能する。例えば、嗅覚システムは、嗅覚を制御する。食べ物が味わえるにつれて、彼らはまた匂いがする。場合によっては、嗅覚能力が味の強さに影響することがあります。