ラウンドウィンドウとは何ですか?

丸い窓は耳の内部構造の一部です。外耳道と内耳の間の小さな開口部から構成され、柔軟な膜で覆われています。圧力が耳の内部に蓄積すると、丸い窓が膨出してコンセントが形成され、圧力が緩和されます。圧力が正常または低圧の場合、窓はスナップして所定の位置に戻ります。これは耳の機能の重要な部分であり、丸い窓の問題は難聴につながる可能性があります。

聴覚は、音が耳を通って動くときに起こり、耳の窓または鼓膜を振動させ、もう一つは内耳に開口する。これは、耳の中の骨を動かし、耳の内部の毛を振動させます。脳は、これらの振動からの入力を処理し、音を理解するために入力を使用します。流体で満たされた内耳は、圧力変動に依存する。耳の内部の圧力が高すぎると、聴覚骨が動くことができず、音が伝わらない。

丸い窓の可撓性膜は、増加する圧力で膨らみ、圧力蓄積が分散することを可能にする。耳小骨が動くたびに圧力が上がり、このメンブレンは人が確実に聴くことができるように高い弾力で前後にスナップすることができなければなりません。いくつかの先天性の状態では、膜は堅く、容易に動かず、難聴に寄与する。この場合、耳の残りの構造は良好であるが、圧力のための出口がないので、内耳の振動は起こり得ない。

耳の感染症の人は、この膜の肥厚および刺激を経験することがあり、一時的な難聴を引き起こす可能性があります。丸い窓は、圧力に抗して耳の内部の構造を振動させるのに十分なほど大きな騒音だけが強いので、排液不良の余分な流体の蓄積によって引き起こされる高圧に対処することができない。感染が解決されると、聴覚は戻らなければなりません。

円形窓を伴う先天性障害は、耳の他の構造異常を伴い得る。このような場合、丸い窓の問題に対処するために外科手術を使用することができますが、患者は聴力において顕著な改善を経験しないことがあります。外科医は、患者を評価して、難聴が手術で治療できるかどうかを確認し、外科的選択肢について議論することができる。手術のリスクには、耳へのさらなる損傷が含まれており、聴覚の回復がより少なくなる可能性があります。