Tai Chi Chuanとは何ですか?

単にTai Chiとしても知られているTai Chi Chuanは古代中国の「内部」武術であり、ソロでもパートナーでもゆっくりと実行される一連の動きを特徴としています。太極拳を含む多くの内部武道は、動く瞑想と見なされ、身体を訓練するだけでなく、心を静止させるために使用されます。最近、Tai Chi Chuanは、科学界がその施術者に様々な健康上の利益を与えることが分かっており、その習慣の人気は世界中で増加している。

Tai Chi Chuanは、柔軟性、循環力、姿勢、バランスを改善する、穏やかで回復しやすい運動です。ほとんどの気功練習と同様に、それは寿命も延ばすと考えられています。ウエスタンオーストラリア大学公衆衛生学科のRichard Lefroy博士によれば、関節の柔軟性、脊椎の安定性、骨形成およびリンパ循環を改善する可能性はあるだけでなく、集中力や記憶のリコールにも役立つ可能性があります。 Tai Chi Chuanのゆっくりと決まった動きは、年齢のほとんどの人が練習できるようになり、バランスの悪い筋肉や筋肉のような老齢の共通の状態の多くを具体的に援助するように見えるため、高齢者にとって特別な利益をもたらす可能性があります虚弱

Tai Chi Chuanのシーケンスを構成する動きや姿勢の多くは、自然界に見られる動物や他の形に基づいています。調整された動きは、人体内の宇宙の力を調和させ、施術者が持つ可能性のあるあらゆるエネルギーの詰まりを解消しようとします。否定的な感情や欲求は、このエネルギーの流れを妨げ、開業医に不均衡を引き起こし、精神集中を太極拳の実践の不可欠な部分にすることができます。

太極拳の授業は、多くの伝統的な中国医学(TCM)学校、多くの近代的なジムや高齢者センターで提供されています。中国の多くの地域では、毎日早朝に太極拳が練習されており、無料で芸術を学ぶ便利な方法を提供しています。古典的な武道の学校は頻繁にそれらのカリキュラムにKung Fu Tai Chiおよび剣Tai ChiのようなTai Chi Chuan形態および組合せを組み込む。

太極拳の起源は伝説に浸透しており、人間の身体の生命力を高めるために道教の修道士が開発した慣行と密接に結びついています。古典的な太極拳は、一般的に気功として知られているこれらの練習の一つであり、中国で17世紀に人気を博したのは、相手と競争しようとするのではなく、心身を鍛えるための武道です。