層顆粒とは何ですか?

顆粒層は、しばしば顆粒層として知られ、表皮または皮膚の外側部分の層の1つである。表皮には全部で5つの層があり、顆粒層は中央にある層である。層状顆粒層の下には2つの層があり、最も低い層は活発に分裂する細胞からなり、上は平坦な不活性細胞の2つの層であり、上部、外部層は絶えず流されている。顆粒層は、これらの外層と内生細胞との間に防水バリアを形成する。医学では、皮膚の研究とそれに影響を及ぼす症状を皮膚科といいます。

皮膚の解剖学的構造は、表層である外層と、下に脂肪組織がある神経および血管を含む真皮と呼ばれる下層からなる。表皮の細胞はケラチノサイトと呼ばれ、ケラチンと呼ばれるタンパク質を作り、皮膚を強化します。表皮内では、最低層または基礎層が常に新しい細胞を産生し、より古い細胞が層状脊髄または鎌状層を形成するように移動する。鎌状の層では、細胞はより平らであり、ケラチンでいっぱいです。鎌状層の古い細胞は、順番に置き換えられ、顆粒層を形成し、核を失い始め、次の2つの層を経て表皮の頂部に到達するまでに、死んだ鱗を平らにする。

層状顆粒は水および水溶性物質に対して不浸透性であるため、下部表皮の活性細胞と外部死細胞との間にバリアを形成する。顆粒細胞は、脂肪物質のシートを分泌する特別な層状顆粒を含むと考えられている。これらは、顆粒層の細胞間の空間に沈着し、一種の防水シーラントを形成し、皮膚の下層を保護する障壁を形成する。

層状顆粒層は約3〜5細胞の厚さであり、層状顆粒とともに、これらの細胞はケラトヒアリン顆粒と呼ばれるものも含む。ケラトヒアリン顆粒は、皮膚が乾燥して鱗状になる魚鱗癬と呼ばれる病気に罹患している人で減少しているか、または存在しないことが判明している。フィラグリンと呼ばれるタンパク質は、顆粒層の細胞によって製造され、通常、ケラトヒアリン顆粒の内部に見出される主要な物質である。フィラグリンは、皮膚の外層の構造に重要な役割を果たすと考えられており、水分を保持するのにも役立ちます。 Ichthyosis vulgarisは、皮膚を水分補給し、水分を逃がすのを止めるために軟膏を加えることによって治療することができる。