視床下部 – 下垂体 – 副腎枢軸とは何ですか?

視床下部 – 下垂体 – 副腎(HPA)軸は、視床下部と下垂体および副腎との間の一連の作用およびフィードバック応答である。 HPA軸は、温度、消化、免疫系、気分、性別および全体的なエネルギーの調節を支援する。また、肉体的または精神的なストレスへの反応を制御する上で大きな役割を果たします。

視床下部および下垂体腺は脳にあり、副腎は腎臓の頂上に位置する。視床下部は飢え、疲労、睡眠、体温をコントロールし、ホルモンを分泌します。下垂体腺と密接な関係があります。なぜなら、分泌するホルモンは下垂体を刺激したり阻害したりして、体の機能を制御するホルモンを分泌するからです。副腎は、腎臓の機能を調節する他に、ストレス応答の一部であるホルモンも放出する。

視床下部 – 下垂体 – 副腎軸の機能は複雑で多くの機能を持っていますが、そのほとんどは体の機能に対するストレスの影響を調節することに関連しています。このプロセスの第1段階は、視床下部で起こり、ストレスに反応してコルチコトロピン放出因子(CRF)と呼ばれるホルモンを放出する。 CRFホルモンは下垂体腺を刺激し、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)を放出する。次に、ACTHはコルチゾールを放出する副腎を刺激する。コルチゾールは、とりわけ、免疫系の炎症反応を遅らせ、血圧を制御する役割を担っています。

視床下部 – 下垂体 – 副腎系の軸は、ポジティブおよびネガティブなフィードバックシステムによって物事をバランスさせます。それは、血液中のコルチゾールの量、ストレスレベルおよび覚醒/睡眠サイクルに依存する。例えば、コルチゾールレベルが高すぎると、視床下部および下垂体腺が刺激され、プロセスを開始したホルモンの産生を減少させ、それによって身体をバランスのとれた状態に保つ。あらゆる種類の一定のストレスは、HPA軸の機能不全につながる可能性があります。

HPA軸に関連する多くの問題は、不安障害、双極性障害および不眠症などの気分障害である。それはまた、慢性疲労症候群、線維筋痛症および火傷の原因となる。視床下部 – 下垂体 – 副腎軸の一定のストレスは、過敏性腸症候群およびアルコール依存症の一因となり得る。気分障害の多くは、視床下部 – 下垂体 – 副腎の軸を調節することによって機能する抗うつ剤で治療される。

HPAの軸とそのストレス(肉体的および精神的)との関係について、多くの研究が行われてきた。この研究について注目すべき興味深いものの1つは、人間だけでなく、多くの異なる動物でも実行できるということです。視床下部 – 下垂体 – 副腎軸は、実際には他の脊椎動物と同様、すべての哺乳動物に共通しています。