脳幹と脊髄の接続は何ですか?

脳幹と脊髄は身体の別個の部分であると認識されるが、構造的にも機能的にも関連している。脳の後端に位置し、脳幹は脊髄を脳の残りの部分に結びつける。脊髄そのものは、31ペアの神経および脊椎の支持細胞からなる。脳幹と脊髄の両方は、中枢神経系の一部として別個の役割を果たすが、彼らは独特の仕事を達成するために互いに依存する。

一部の脳神経核、橋梁、髄質、および中脳を含むいくつかの異なる構造が脳幹に含まれる。血管運動および呼吸器の中心は、脳幹内に位置し、呼吸および血圧を調節する。神経は脳幹を通って移動し、感覚情報を脳に伝達し、脳からの運動信号を身体の残りの部分に伝達する。

身体を警戒させる網状活性化システムは、脳幹にも見られる。この領域への損傷は、昏睡状態、または死亡などの重大な健康問題を引き起こす可能性があります。中脳には境界内にいくつかのユニークな構造があり、その中には痛覚、運動活動の調節、感情調節などの重要な機能を持つものがあります。

脊髄には大部分が脳幹のような構造が欠けていますが、その神経組織は脳との間で情報をやりとりすることができます。脊髄の片側には後根神経節が含まれる。これらは、触覚などの感覚情報を脳に送る役割を担っています。

腹部の根は、モーター関連のシグナルを脳から混合神経に送達し、これらのシグナルを運動ニューロンに伝達する。脊髄に小さな神経調整センターがあります。これは、痛みに応答して身体を動かすなどの反射動作の実行を可能にする。

脳幹と脊髄の機能は重要な方法でつながっています。脳幹で発生する中枢および末梢神経系へのシグナルは、しばしば、脊髄を介してそれらの目的地まで移動する。これらの信号には、呼吸を引き起こす衝動などの生命維持情報が含まれています。脊髄は本質的に脳が他の身体と通信することを可能にする。身体への信号が脳幹自体に発生しなくても、前脳から脊髄へ情報を伝達することによって必要な役割を果たす。